スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"Gear Down...NO GREEN LIGHTS"-Commercial rating training #3

5/11/10
Type of A/C: PA28R
Duration of FLT:1.6hrs
Route of FLT: PHNL-PHJR-PHNL
Normal T/O:8
Normal LDG:8
Maneuvering: Chandelles, Lazy Eights


3日ぶりのFLTだ。ライセンス挑戦のためとはいえ、ここのところ結構ハイペースで飛んでいるので、3日間飛ばないと随分と飛んでいないような感覚になる。
仕事が終わった後の夕方、3日ぶりにPiperのドアを開け、PreFLTを始める。予報では晴れなのに、South Practice AreaのすぐそばbのLeewardの山並には、低い雲が掛かっている。
12Fが降りてきてランプインする、別のStudentとのFLTから戻ってきたMr.Jだった。
オイルを1QT補充して飛行場内を行き交う飛行機をボーっと見ながら待つこと10分、Mr.Jから本日のメニューが伝えられた。

「ChandellとLazy Eightをやったあと、TGLする。」
「(おさらいだな)で、SPAに行くか、それともNorth Shoreか?」
「山にかかっている雲が低いよな、North Shoreにしよう。」

ENGをまわしてRUN UP、タクシーをするためにGNDの周波数に無線機をセットしたまではよかったが、なぜか相手を「DEL」と呼んでしまい、Mr.Jに突っ込まれる。Monitor to TWRでスイッチすると、

”N1366T, Cross RWY4R, Postion and hold 4L, Traffic Bxxx XNM on final 4R”

近いらしい。少しパワーを多めにして4Rをクロスし4Lに入る。すでにFuel Pump ON、 Mixture Ful Rich, Prop Full FWD、XPDR ALT、FLAPs 25、Take Off Configurationを完了している。4LでPositon and Holdするが、機内が暑いためか、Mr.Jがドアを開ける。Cross RWY 8Lに降りるトラフィックを見ながら自分たちの順番を待つ、8Lにも4RにもLDGのトラフィックがあるようだ。4RにはB737が降りる。Mr.Jがなんだかイライラしている。3分ほど待たされたところで、TWRがなんか言ってきたがこの内容が理解できなかった。その瞬間、Mr.Jが、

「Go!」

とだけ言った。

「ナニ!?Take Offか?」と半ばパニック気味に聞き返したと思ったら、Mr.Jが「くそったれが!」と言いながらコントロールをとってMake 180°、右に曲がって4Lから出たのだった。

どうやらTWRからの指示で、RWYを一旦出るようにということだったらしい。4LをHold Shortしなおしたと思ったら、頭上をHawaiian AirのB717が4Lスレッショールド直上を通過しようとしているところだった。Mr.JがB717のコックピットに向かって手を振っている・・・

おそらく、ATC側の管制間隔設定がうまくいかなかったのだろう。にしても、そんな微妙な捌きして、TWRで管制官が怒られたりしないのかな・・・最初から4LのHold Shortでよかったんじゃないか・・・

アトで確認したのだが、このときのTWRが言ってきたのは、

"66T, expedite LEFT turn off RWY...Hold short"

さすがにこんなATC用語は知らなかった。ググッてみたら、使用頻度はレアのようだけどATC用語としては存在するらしい。1つ勉強になった。

もう1つMr.Jが教えてくれたのは、基本ではあるけどもATCを聞くことによるSA(Situational Awareness)だ。つまりMr.Jは全ての交信を聞いていてトラフィックの位置関係を頭の中で描いていたのだ。その中で、RWY4Lにアプローチ中のB717の交信を拾い、B717のLDGクリアランスが2NM on finalになることを認識していたらしい。B717が4Lに近づいてくるのに、自分たちにはまだTake Offのクリアランスが出ない。それがイライラの原因だったようだ。自分でもATCを聞いて他のトラフィックのことを少しは考えられるようになっていたつもりだったが、まだまだのようだ。



B717を見送ったアト、気を取り直して4Lから上がる。WheelersのClass Dを抜けてハレイワ上空に抜ける。抜ける手前までに、ギアレバーがコントロールできなくなった場合のギアの降ろし方を習った。PA28には緊急用のGear DWNのスイッチが付いていて、こいつを下に降ろしてやれば、Gearが降りてくる。この操作は、実際にはギアレバーが利かなくなったときにすることにあるが、実際に操作を体験することもできる。そのためには、サーキット・ブレーカーのギア用ヒューズを抜いてやる必要がある。これをMr.Jが抜いて、実際にやってみた。

「Examinerは知らない振りしてヒューズをどこかで抜くかもしれない。」

なるほど、それがComplexでCHK RIDEを受けなくてはいけない理由か。


ハレイワへ抜けて、適当なVisual Refferenceを見つけてChandelleから始める。前回のFLTでは
「もっとピッチアップしてスピードを遅くしてイイ。」と言われたので、Climbing Turnのヨークをいつもより多めに引いて見る。

「75Ktを目指せ。」

ググーっとヨークを引いて80ktを下回るあたりでロールアウト、悪くないらしい。

Lazy Eight、海岸線を利用して「Pipe」に入る。当初理解していたのと操作が異なり、最初のRoll Inでは徐々にバンクをとり90°ポイントでバンク30°になるように、そしてそこから戻して180°でバンク0になるようにしないといけなかったらしい。けど「Pipe」であることにはかわりない。数回納得行くまでやってみた、悪くないらしい。

そこからKALAELOA(JRF)に向かい、TGLに入る。いくつかNormal TGLをやってみる。Down windで約100MPH、Finalまでに90MPH、スレッショールド通過後、見た感じの良さげな高さからラウンドアウトを始めて徐々にフレアへ、そして「トン!」という感じで降ろす。C172の「フォァワァ~~~~、ンキ!」という感じとは異なる。

何週か回ったあと、DownwindでGear DWNをしたが、Green Lightsが光らない。それ以前に、Gearを降ろすことによって発生するDragを感じることもなかったし,Gearが降りる音も聞こえなかった・・・やりやがったな。

「No Green Lightなんだけど、(Gearjの)Fuse抜いたか?」

Mr.Jは知らん顔している。ちょっとだけ間をおいて、

「エマージェンシー・スイッチを使え。」

Gearが降りきったらMr.JがFuseを元に戻した。

「次のGear Upはレバー使ってイイぞ。」

数本TGLやっているうちに、このPiperの降ろし方をだいたい把握できたような気がしてきた。だいたい毎回同じ見え方、同じ降り方、同じ接地感覚、という感じになってきた。

それから、Powe Off 180もやってみた。X-windもそれほど強くなく、比較的に容易に降ろせた。コツは、GearとFLAPsの降ろすタイミング。確実に降ろせるところまで到達して、初めてGearとFlapsを降ろすのが正解。別バージョンで、すでにDownwindでGearが降りていた場合も想定してやってみたが、こちらはちょっとしたインチキでDownwind 120MPH程度で設定してGear downするといい感じで降ろせることがわかった。腹いっぱいTGLしたところでHNLに戻ることにした。普通にFord Island、Navy Marine Golf Course経由で戻り、RWY4LにLDG、悪くない。

「今日はどうだった?」と聞かれたので、
「ああ、楽しいよ。」と答えた。

最初はとっつきにくい機体かと思っていたPiperだったが、最近は楽しいと思うようになった。そういえばIFRのCHK RIDE以来、もう1ヶ月C172で飛んでないな。そろそろNight Solo TGLもいかないといけないし。
とにかく、ヘッドセットを外して日本語で「ふ~!」と一呼吸して、自分でも満足げな顔をしているのがわかる夕方だった。

これまでの飛行時間:239.1Hrs

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KOMMYthePILOT

Author:KOMMYthePILOT
このblogでは、FAA Commercial Pilot(ASEL, AMEL) with Instrument Rating(事業用固定翼単発・多発操縦士+計器飛行証明) KOMMY(元ハワイ駐在員:現在は日本在住)のFLT(Flight)の模様をお送りしています。


ちなみに、
1970年生まれ、九州生まれの"おいさん"です。
(ウチの地元では、"おじさん"のことを"オッサン"と言わずに、"おいさん”と言います。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2アクセスカウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。