スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Breaking News-Mar 30

CHK RIDE仕切りなおしですが・・・さらに延期しました(スミマセン)。

風の経過ですが、

PHNL 302053Z 05022G30KT
PHNL 301953Z 06018G31KT
PHNL 301853Z 07018G25KT←本来飛ぶ予定だった時間
PHNL 301753Z COR 05011G20KT
PHNL 301653Z 06016G23KT
PHNL 301553Z 06016G23KT
PHNL 301453Z 06013G23KT
PHNL 301353Z 06015G25KT
PHNL 301253Z 05015G23KT
PHNL 301153Z 05020G26KT
PHNL 301053Z 06014KT
PHNL 300953Z 07017G32KT

Gust indexが付いてないのが真夜中だけで、夜も早朝もGustってあまりお目にかかれないかもしれません。
普通の天気予報によれば、今日から明日にかけては最大で50MPH(風速25mくらい、台風は風速17m)の風が吹くんだそうです。

正直、風には自信あります。自分の限界値は横風を除外すれば25ktくらいだと思っています。でも、C172の理論上の横風限界値は15ktまで、自分の限界値もそこままででしょう。風は風向風速は一定ではなく、Gustというからにはいきなり突風を受けるコトもあるわけで、これをExaminerを前に判断するなら、どうしても「上がらない」という結論にしかなりません。この判断は、あくまでもPICである自分が決めなくてはいけなくて、Examiner は助けてくれません。そして、その判断がCHK RIDEそのものの評価に影響するとなると、やはりムリするのは懸命でない、ですね。

この強風、今週いっぱい続くようです。来週月曜日の予報で、

Isolated showers. Partly cloudy, with a high near 83. East wind around 16 mph, with gusts as high as 22 mph. Chance of precipitation is 20%.

Knot換算すると、wind080@14ktG18kt、というところでしょうか。これなら余裕で上がれます。
ということで、CHK RIDEは4/5(月)になりました。

本音はため息ですが・・・

本日のPreflight Inspectionに要した時間:0.2Hrsくらい。

コメントの投稿

非公開コメント

良い教官だ、

「少しでもUncomfortbleなら、飛ばないほうがいい。」を貫きます。

良い事を言いますね、教官さん。 飛行機乗りは平均して鼻が高いです。 無理をしない勇気ってが大事と思います。無理は素晴らしさは無いけど、愚かさがあると思います。 「俺は素晴らしいパイロット」と勘違いする人間が多い世界です。 無理して無事に帰ってきたと自慢する人は多いけど、考えりゃ、判断ミスをした愚かさを、自慢で誤魔化してると思ってます。

昔、雷雨のCellを通過してきた、真夏に標高6000フィートの滑走路から離陸した、CFIだから障害物を超えられる、、、と自慢してた人が回りに居たけど。 危険にさらしている以外は何も無いのに、憧れの目付きで聞いていた生徒が。。。。。



大型機は速度が速いので、X-Wの影響が少なく別世界です。考えないで置きましょう。重量が重たい分だけ、地上での安定性は高いけどね。でも成田で爆発炎上していた飛行機がったよね。

強すぎですよ、G50MPHとか。

うえださん、カキコミありがとうございます。

確かに神経は疲れます。ただ、Oralは終わっているので、緊張の度合いとしては半分以下です。
もともと気が小さい方なので、試験だとかの前の段階(つまり、今ですね)がキライなんです。それが先週からずっと引き伸ばされているというのは、相手が強風であっても気に入らないです、正直。

でも、冷静に論理的に考えると、うえださんもおっしゃるとおり、延期しかないんです。これでヘタレと言う人もいるかもしれませんね。でもいいんです、わが師匠コトPrivate担当教官Mr.G曰く、「少しでもUncomfortbleなら、飛ばないほうがいい。」を貫きます。

ISLAND AIRのDASH8が、HAWAIIANのB717が、FeDexのMD11が、普通の顔して飛び立っていきます。こんなときは、重くてパワーある機体の方が羨ましいですね。

自然の力、、、ですからねぇ

疲れ様です。

気になって、チラチラとBlogを覗いていましたが、、、 まあ焦ってIFRを取っても、最終ゴールは違う所ですからね。最終ゴールは違いますよね。 神経は疲れるかも知れませんが、この機械にPrivateを見直すとか、CommercialやMultiの下準備を始めるとかが良いかも。

それにExaminerも赤の他人で面識も無い人間に、(法律上)命を預ける訳ですしね。。。。 無理して、Private (VFR)の資格を危険にさらすのも何ですし。 それにTurbulenceでフライトどころじゃ無ければ、試験の結果もヤバイものね。


しかし、まあ、Hawaiiって本当に凄い風ですね。 考えリャ、何も無い太平洋のど真ん中に、ポツンと島が有るだけですし、そんな物なんでしょうけど。 本土の者には驚異的ですよ。 そら、着陸も上手くなるだろうしね。 POHに書かれてるのは、あくまでもDemonstrated Crosswindだから、Hawaiiの人なら、それ以上でも行けそうな気がします。 (まあ、Examinerさんは、Kommyさんの技量を知らないから、強制はしない方が良いと思う)
プロフィール

KOMMYthePILOT

Author:KOMMYthePILOT
このblogでは、FAA Commercial Pilot(ASEL, AMEL) with Instrument Rating(事業用固定翼単発・多発操縦士+計器飛行証明) KOMMY(元ハワイ駐在員:現在は日本在住)のFLT(Flight)の模様をお送りしています。


ちなみに、
1970年生まれ、九州生まれの"おいさん"です。
(ウチの地元では、"おじさん"のことを"オッサン"と言わずに、"おいさん”と言います。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2アクセスカウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。