スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"Go Around at HNL"

【動画情報】
この記事には、動画が2本あります。

------------------
09/05/09
Duration of FLT: 1.2hrs
Route of FLT: PHNL-PHJR-PHNL
Normal T/O:5
Normal LDG:5

この一昨日前、木曜日の朝練は、Soloの時間も潰したことだしMr.Gに乗ってもらってマニューバのレビューをする予定だったが、その前日にMr.Gからの連絡があり、

「(新型ではない)インフルエンザにかかった。FLTキャンセルしてくれ、すまない。」

ということで、火曜日以来のFLTとなった。当初、午前中の時間帯を予定していたが、46Jにトラブルが出たとか何とかで、午後からに時間を変更してのFLTとなった。Mr.Gのインフルエンザはすっかり治っていたようだ。

「飛行場に来る途中、Aieaの近くで火事があったよ。」
ランプに出てみると、その火事と思われる煙が上がっていた。Red Hill 3で出域してSouth Practice Areaに向うが、その火事の煙を避けるように飛ぶ。

今日のメニューはシンプルにマニューバのレビューだ。

・Steep Turn
回れていると思うんだけど、なんとなくシックリとこない。旋回中に200ft高度を落としてしまうが、Mr.Gの評価はまずまずだった。なんか安定感に欠けるというか・・・

・Slow FLT
手順どおりやってみるがパワーの設定がウマく行かず、60kt近辺をウロウロする。思い切ってピッチアップして50ktで安定させる。Mr.Gが「45ktで安定させろ。」という。へー、そこまで落としてイイもんだろうか、と変な感心をしてしまった。
以前の本土でのSlow FLTの訓練では、50ktを目標値にしていた。45ktは46JのFLAPを降ろした状態でのStallギリギリのスピードだ。45ktで安定させると、ストール・ウォーニング・ホーンがずーっと「フォァ~」と鳴り続ける。

・LDG APP Stall
Slow FLTの状態からパワーを絞り、ヨークを引き続けてストンとノーズを前に落とす。落ちたらすかさずフルパワーと同時に右ラダーを踏み込む。いい感じで落ちた。

・DEP Stall
FLAPsは使わずに60ktに減速させ、そのまま2200RPMでピッチ15°を維持して、高仰角の状態からストンとノーズを落としてレベルに持ち込む。いつもなかなかストンといかないので、今日は思い切ってヨークを引いた。すると、右翼からストンと落ちて地面が正面に見えた。スピンの一歩手前だ。ココはMr.Gがコントロールを取ってリカバリーした。どうも30°ピッチくらいだったようだ。その後、2回復習した。

途中、火事ポイントに近づくと、焦げ臭いニオイがした。一見雲なのだが、やはり煙には違いないようだ。
ここまで一通りレビューを済ませると、JRFでTGLをすることにした。ATISではGust Condition、最近は朝練で弱風ばかりで降りてたので、気合入れにちょうどいいだろう。

1本目、Normal LDG。Wind 040@7kt、まあ悪くないコンディションだ。ベースレグでは若干煽られる。ラウンドアウトから風の動きを感じ取り、ヨークとラダーをアグレッシブに動かしながら、RWYのセンターをキープする。「フォァ~」が聞こえてきてフレア、接地、悪くない。

3本目、Short Field LDG。Wind VRB@6kt。ベースからファイナルに入るところでFLAPs30°、60ktを維持する。スレッショールド直上で100ftを維持してパワー・アイドル、急降下からラウンドアウト、フレア、接地。これも悪くない。Short Fieldはこの一本で十分だ。

4本目、Noemal LDG。ファイナルに入ったところで、

「次のLDGが満足できれば、HNLへ帰ろう」

と宣言し、Mr.Gが

「OK」と応えた。

そしてそのLDGは、十分に「満足」という言葉に値するLDGだった。

「Go home to HNL」

こう言って、JRFを後にした。

HNLに戻ってきてRWY4Lのダウン・ウィンドに入ったところで、TWRがRWY8LのLDGトラフィックの情報を伝えてきた。B747のようだ。LDGのクリアランスはすでに出ているので、そのままベース、ファイナルと処理していく。TWRが「8Lへアプローチ中のB747は、4LをHold Shortできない」という情報を伝えてきた。そして、ショート・ファイナルまできたところで、

"46J, Go Around, left close traffic"

まさかのGo Aroundだ。今回はこの様子をビデオに納めることができた。結構レアな映像だと思う。


HNLでのパターンという貴重な体験、HNLのターミナルビルを眼下に捉える、これはなかなか見れない光景だろう。Extend Downwindを指示された。4Rを期待したが、そのまま4LにLDG。強風コンディションだったが、これも悪くないLDGだった。


デブリでのMr.Gの意見としては、チェック・ライド合格への太鼓判を貰ったといったところだ。
今後の予定としては、まず月曜日にMr.Cとの模擬チェック・ライドだ。Mr.Cはバリバリ飛んでいてチェックライドに送り込んだStudentも多い。Mr.Gによれば、それだけ傾向と対策も知っているだろうとのことだ。ここでMr.Cから問題ないと言われれば、チェックライドに進む。火曜日にも朝練の時間を予約しているので、ウマくいけば、このSoloがチェックライド前の最後のFLTになるだろう。
今日のLDGを見て、Mr. GがSoloの条件を緩和してくれた、Head windが17kt、Gustは23ktまで、Cross windが8ktまでとなった。これまではHead windもGustも15ktで、Cross windが5ktだったから、火曜日の朝練は、風でキャンセルする心配はないだろう。

というか、早くチェックライドとオーラルを済ませたい。



これまでの飛行時間:98.0hrs

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KOMMYthePILOT

Author:KOMMYthePILOT
このblogでは、FAA Commercial Pilot(ASEL, AMEL) with Instrument Rating(事業用固定翼単発・多発操縦士+計器飛行証明) KOMMY(元ハワイ駐在員:現在は日本在住)のFLT(Flight)の模様をお送りしています。


ちなみに、
1970年生まれ、九州生まれの"おいさん"です。
(ウチの地元では、"おじさん"のことを"オッサン"と言わずに、"おいさん”と言います。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2アクセスカウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。