スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"Flying for a tour"

6/5/10
Type of A/C: PA28R
Duration of FLT:2.4hrs
Route of FLT: PHNL-PHOG-PHNL
Normal T/O:2
Normal LDG:2

高所恐怖症の嫁さんと前々から話していて、とうとうコレをやることになった。
66t_at_ogg.jpg

ウチの嫁さんはアウトドア系はどちらかというと苦手。それ故に、この大自然あふれるハワイの島々に家族で積極的に足を運ぼうということがなかった。しかし、「ハワイ8島(内ニイハウは個人所有、カホオラエは無人島)の内、オアフから出たことがないというのもシャクだ。」ということで、マウイ島に行くことになった。(厳密に言うと、ウチの嫁さんは以前モロカイ島の土を踏んでいる。ただし、島を観光したというにはほど遠いが・・・)

以前のKALAUPAPA(LUP)までのFLTでく家族を乗せることは当分ナイだろうと思っていたのだが、嫁さんが自家用機での移動を提案してきたのだ。その理由の1つは値段。
最近の定番となったPiper、こいつを1時間借りるとブロックレートで160ドル程度。本土に比べれば高いと思うが、200馬力の可変ピッチプロペラと格納式ギアの機体でこの値段は妥当なところだろう。KAHULUI(OGG)まで1時間ちょいだろうから単純に往復350ドルと考えて見る。
ではHNL-OGG間を家族5人(内1人は乳児)でエアラインで移動するといくらか?一番安いGo!Mokuleleで1人往復128ドルだから4人分で500ドルを超える。飛行時間は30分くらいだろうケド、ヨーイドンで搭乗手続きから競争すれば、トントンじゃないだろうか。

VFRかIFRか、少々悩んだ。IFRで出れば離陸後すぐに海の上に出れるから、揺れは少ないかもしれない。けど、OGGはILSRWY2になり揺れるかもしれない。それに仮に途中で降りたいときに、わざわざIFRのプランをファイルして飛ぶのにプランをキャンセルした上にdestinationまで変更するのは、ATC側から身勝手ととられそうで気が引ける。あとは雲次第か・・・

DAUTSによれば、ところどころIsolate BRKがあるようだったが、3500ftで行けば問題なさそうだった。そして当日の朝、自宅上空はSKC、VFRで上がることにした。

朝早めに出発して、OGGについたらレンタカーを借りて島内観光して、夕方にはOGGを出発して戻ってくるマウイ島1日観光ツアーの始まりだ。
荷物量は大したことはないが、乳母車が嵩張る。Piperのカーゴルームにコイツを入れるには、ちょっとしたコツが必要だったが無事格納。おそらくこのPiperに乳母車を搭載したのは、自分が初めてじゃないだろうか。

HNLを上がってFWY4で出域、ルートはモロカイ島の南側を通ってマウイ島のNAKALELE Pt.からOGGのRWY5を狙うコース。このコースどりのポイントはいくつかあって、

・モロカイ島の北よりも南のほうが晴れている率が高い。
・OGGの南側からの進入だと、必ず揺れる。
・当日の風が030~040@15kt程度、RWY5の方がX windのコンポーネントが少ない。
・なによりも、NAKALELEからRWY5へのアプローチは、あまり揺れない。

CKH手前でFlight Followingをリクエストしたが、その先の雲が微妙だったので、そのまま1500ftで飛ぶことに決めた。パンチボウルからハナウマ・ベイまではお約束のように揺れるが、そこから洋上に出ると気流も安定してきた。すでにモロカイ島とラナイ島が見えている。
Fuel Flowを見てみると「12」だったので、ためしにマニュアルで見た65%クルーズの「10」に設定してみる。EGTもイイ感じで上がってくる。

↓左に見るモロカイ島
mkkoffshore2nm.jpg

右にラナイ島、左にモロカイ島を見つつ、すでにマウイ島も見えてきて、NAKALELE PtまでResume Own Navigationとなり、NALKALELEで再度HCFにコンタクトするように指示される。マウイ島北西部の半島を半周するような感じでNALKALELEへ向かう。NAKALELEはOGG R290上にあり、Sectionalで地点を確認しつつHCFにコンタクト、アップローチを続ける。去年の8月にも同じアプローチをやっている。事前にYouTubeにアップした動画で復習しておいた。ゴルフコース直上、OGG TWRにハンドオフされ、Cleared to Landのコール。TWRが見えるがRWYはまだ定かではない。港に差し掛かるあたりからTDZが見え始める、ここでGear DWN and FLAPs10。Wind030@12、OGGにしては穏やかな方だ。左Crab気味にスライドさせつつRWYにアラインをさせる。FLAPsを25、そして40と降ろしてLDG、いい感じで決まった。
oggtaxi.jpg

ちなみに、OGGのTransient Parkはターミナルビルの反対側だが、ここからどうやってカフルイの街に出て行くのか、マウイ島観光に出るのか、謎だった。Transient Parkにもセキュリティゲートはあるが、そこから外に出たとしてもレンタカー屋もなければタクシー乗り場もない。その辺は、ディスパッチのMr.Cに聞いておいた。

「まず、この電話番号に電話してセキュリティを呼ぶんだ。すると、セキュリティがゲートを開けてくれる。このゲートは暗証番号式ではなく、鎖が巻かれている。」
「へー、で出たアトは?」
「タクシーを電話して呼んでもいいし、レンタカー屋に電話すれば迎えに来てくれる。」
「どこのレンタカー屋でもいいのか?」
「大丈夫だと思う。」

さて、Piperから乳母車その他の荷物を降ろし、ゲートから出たまではよかった。予約を入れておいたレンタカー屋に電話をするが、なかなか出ない・・・自動音声ばっかりだ。ためしに、Mr.Cから聞いておいたタクシーに電話をしてみたが、どうも反応がおかしいし、自分の場所とレンタカー屋を伝えたが、20分待っても来きやしない・・・

自分はともかく、嫁さんに未就学児童2人に乳児1人、待ってても埒が明かないのでとりあえず歩いてみることにした。この時点では「なんなんだこの島は!」と少なくとも自分たち夫婦は思っていたに違いない。30分ほど歩いたところで観光向けヘリポートを見つけたので、そこでタクシーを呼んでもらうことにした。自分で電話ではなく、ヘリポートのフロントに「呼んでくれ」と頼んだ。すると、10分もしない内にタクシーがきた。

「なんなんだ、この島は!」

レンタカー屋まで送ってもらうのに10分弱、チップ込みで13ドル払った。レンタカー屋のフロントに入ると、10人以上並んでいる。なるほど、電話に出られないわけだ。観光客でいっぱいだ。
やっとのことで、ここからマウイ島刊行が始まる。

まず最初に行ったのが、ココ。結構有名なドーナツ屋らしく、ハワイではここにしかないらしい。しかも24時間営業。昼飯代わりにドーナツとコーヒーを楽しむ。
krispy.jpg

嫁さんのご所望の雑貨屋を巡ったアトは、Maui Ocean Centerに向かう。ここは水中ガラストンネルが見モノだ。エイが何周も自分たちの周りを周回していた。ここには2時間くらいいたかも。
mauioceancenter.jpg


その後マウイのシッピングセンターやら雑貨屋やらを回ってチラホラしているうちに、夕方5時を回る。お土産のドーナツを買うためもう一度Krispy Kreamに寄ってドーナツを購入してレンタカー屋に戻る。約6時間借りて、給油したのが4ドル弱、レンタカーのチャージが50ドル。タクシーよりも安く上げられたと思う。車の返却のときに、

「ターミナルの反対側のTWRとFore Stationの近くにあるTransient Parkingまで送って欲しいんだけど」

とお願いしたら、これはスグに送ってくれた。

再びPiperに乗り込みOGG DELにコンタクト。

”After departure, turn right 165、maintain1000、 departure fq will be 119.5、SQUAWK16xx”

アプローチするトラフィックとのセパレーションのためのルートだ。もう日没間際、できるだけ早く上がった。OGGから南へ飛びLNYを経由してCKHへ。雲の上に抜けようとしたが、西日でまぶしかったのと、BRKの雲がドコまで続いているのか分からなかったので、雲の下4500ftで、LNY以降は後2000ftでHNLに戻った。
CKH手前でHCFon119.1、TWRの1つ手前のアプローチにハンドオフ、ILS4Rをリクエストする。もう日は沈んでこれから暗くなっていく時間帯だ。LLZをインターセプトすると、PAPIが1つ、赤4つで見える。その右側のPAPIを狙いつつ、ILSの表示を確認する。アプローチライトも見え始めた。そしてほぼNight気味ではあったが、なんとかSaftey LDGとなった。
帰りも行きと同じ1.2Hrs、合計で2.4Hrsだから、約390ドル。1人往復100ドル掛かっていないのだから、コストパフォーマンスはイイのだろうと思う。だが、三男を抱きかかえたまま乗ってた嫁さんにとっては、少々疲れたようだ。
sunsetogg.jpg

マウイ島日帰りの大冒険だった。みんなお疲れさん。

これまでの飛行時間:271.0Hrs

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うえださん、カキコミありがとうございます。

クリスピークリーム、ホノルルではたまにCOSTCOなどで見かけます。日本でも大人気なようですね。

Piperは、CommercialのASELでCOMPLEX機でのデモンストレーションが必要だったために飛んだ機体(我がクラブで唯一のシングルのCOMPLEX機)です。トレーニングではなくプライベートで飛んだのは実はコレが初めてですが、結構気に入っています。

クリスピークリーム

いやぁ、家族サービスしてますね。

クリスピークリームは有名ですよ。 日本に住んでいる私でも知ってるぐらい。 と言っても、毎回本土に行くとお店の数が増えている。 実は友達も店を出したいと本社に打診したら、資産が合計で10ミリオンと言われた。。。と聞かされました。 あの製造工程が見えるのも良いでしょう?

飛行機はPiper Arrowが流行なんですね。 IVなら経験がちょっと多めに有りまして、好きな飛行機の一つですね。 まあ、飛行機から足を洗った現在では、C-150が好きかも。 C-172もArrowも好きだけど。まあ、ブランクが長いので今は何でも同じだろうけどね。

デビューは4ヶ月でした。

Kobaさん、カキコミありがとうございます。

ウチの三男は6ヶ月です。それと、3月にも1度乗せてますので、デビューは4ヶ月のときでした。
耳栓はしませんでした。耳の穴が小さく、サイズの合う耳栓がないですが・・・

今回は行きは1500ft、帰りは5500まで上がって4500→2000という高度で飛んでいきましたが、三男もおとなしくしていました。そんなに高いところまで昇らず、降下率を500fpmに抑えている限りは大丈夫なんじゃないかと思います。

GNATの映像も拝見しましたが、スゴイ映像がとれてますね。羨ましい限りです。
カメラの性能もあると思うのですが、アングルのセンスに脱帽です。

No title

いいですね~ 家族で小型飛行機旅行って。
ところで、kommyさんの三男の息子さんはおいくつですか?
うちにも3ヶ月の息子がいるのですが、可能だったら、嫁と息子の三人で飛行機旅行にいきたいと思ってます。 
Kommyさんは息子さんに耳栓とかさせましたか?
プロフィール

KOMMYthePILOT

Author:KOMMYthePILOT
このblogでは、FAA Commercial Pilot(ASEL, AMEL) with Instrument Rating(事業用固定翼単発・多発操縦士+計器飛行証明) KOMMY(元ハワイ駐在員:現在は日本在住)のFLT(Flight)の模様をお送りしています。


ちなみに、
1970年生まれ、九州生まれの"おいさん"です。
(ウチの地元では、"おじさん"のことを"オッサン"と言わずに、"おいさん”と言います。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2アクセスカウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。